うちの女の子たち

大師匠に譲ってもらった露虎(つゆこ)、顔と性格がめちゃくちゃ好きで1日20回くらい「かわいいねえ」といってしまいます。食に興味がなくがりがりでしたが、冬の間せっせとチキンスープをごはんにかけて食べさせて、ようやく少し肉が付きました。

人間にも犬にもべろべろに甘いですが、獣見るとすぐ追いかけようとして大騒ぎ。最近夜雲よりも感度が良くなってきました。

最近登場頻度の高い霊虎(たまこ)。そろそろ6カ月です。ヒートの兆しはまだぜんぜんなし。7カ月とか、少しずれてくれるといろいろな意味で都合がいいんですが。

立ちこみというより立ってるだけ…。前にもたれてくるような感じがあるので自分で首上げてくれないとかっこ悪いです。獣の気配がある山の中でやろうか。

しかし、最近の甲斐犬って首短いですよね。うちも、明らかに「長い」と思えるのは夜雲だけ。ほかのも普通の日本犬より長いとは思うけど、明らかに他の犬と違う!って感じではないんだよな……。

耳の大きさとか首の長さとか飛節の深さとか、虎毛以外の特徴もしっかり残していきたいと思います。

うちの女の子たち” に対して2件のコメントがあります。

  1. 笠原 良治(カサワラ リョウジ) より:

    こんにちは、エコバッグ重宝してます。
    山の中で鍛えながら目指す資質・特徴を残せるよう頑張って下さい。
    今日は、仙台市在住で甲斐犬飼育歴50年の奥山さん(80歳)のお宅を訪問。
    現在は、牡(1頭)、雌(4頭)を飼育、明後日群馬へ行くとのことでした。
    半世紀の飼育経験から色々なお話を、えさの中身や与え方も独特で驚きましたし、ますます”甲斐犬のめり”になってしまいました。
    図書館から借りた本で学んだり、県内で飼育しているお宅を訪問しながら
    年内中には、自宅で甲斐犬をと思っています。

    1. 天総犬舎 より:

      こんにちは。ご返信遅くなり失礼しました。
      甲斐犬歴50年の方が近くにいるのはものすごい僥倖ですね。昔の犬と今の犬は大分違うと思いますが、
      その方も昭和中期の甲斐犬を見てきているはずなので、いろいろ教えてもらえるのではないでしょうか。
      (犬がもっとも変化してしまった時代でもあるのですが)
      日本犬を飼っている方は80歳でもお元気な方が多いですよね。機会があれば私もお会いしてみたいです。
      いい仔犬に出会いやすそうな環境ですし、年内に新たな家族といいご縁があるように願っています^^
      エコバッグもご愛用頂きありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

雷寿と月輝虎、里帰り