2022年もよろしくお願い致します。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
また新たなコロナの変異株も流行し始めており、なかなか安心して過ごせる世の中にはなりませんが、今年は外でもできるだけ快適に犬の見学や歓談ができるようなスペース作りを進めようと思っています。(といっても、庭が狭いので子供の秘密基地めいたものになりそうですが……考えるのが楽しい今現在。)

房総に来て2回目の冬。犬小屋は、寒い朝にはマイナス6度になっていますが、犬たちは寒さにも慣れたようで、朝になれば元気に運動の催促をしています。夜雲はこちらに来て毛の密度がものすごく濃くなり、かき分けてもまったく地肌が見えません。
散歩から戻ると、氷の張ったバケツを鼻先で割り、白い息を吐きながら水をがぶがぶ飲んでいます。

夜雲と霜で田んぼが真っ白な早朝散歩。この時は遠くに何か獣がいたようで、塀を駆け上がって眺めていました。

昨年生まれた子犬で、当方に残している霊虎(たまこ)はまだ室内でぬくぬくと育っています。とはいえ、こちらも朝、成犬たちが散歩に出ている間、交代で残っているほかの成犬とともに凍ったドッグランを走り回っているのですが。

先週は、霊虎にとっての初雪でした。ちょっと見せてやるだけのつもりが結構ガチで遊んでいた……
頭にも雪をのっけたまま、やはり凍った水を飲む。
おいしい~とぺろり。冷えやしないかと気が気ではないのですが、抱き上げるとほかほかしています。もう自分で発熱できるのか……
年末は、何かとお世話になっている四国犬の犬舎のご主人に伊勢海老と巨大なサザエをいただきました。宅建合格祝いだそうです。ありがとうございます!お刺身とつぼ焼きでいただきました^^
元旦は鹿野山で初日の出。コーヒーに凝っている友人が豆から挽いたコーヒーを淹れてくれて、いい年明けでした。

そうそう。麻布大学さんの日本犬の研究に協力しているのですが、先日、アンケート解析なるものが戻ってきました。
「日本犬の中で、自分の犬の性格・性質がどの程度の位置にあるか」というもの。概ね標準に入っているのですが、夜雲と露虎は「ハンター度がやや高い(夜雲)」「ハンター度が高い(露虎)」と出ていました。

自分は猟をやらないので、猟師さんたちに色々な話を聞きながら「うちの犬は今の犬の中では猟欲が結構あるんじゃないかな」と思っていましたが、日本犬の中での比較で高いほうとなるのならやっぱりそうなんだなあと実感しました。生かしてやれなくてごめんよ。

猟はやりませんが、引き続き山歩きと山でのコンタクトは取りながら、彼らの仕草や目線、こちらとのコミュニケーションの様子を見ていきたいと思います。

そういえば余談でもうひとつ、面白いことに気づきました。
最近、うちに新たに牡犬が来ているのですが、最初こそ夜雲とガウガウやっていたものの、なんと最近では一緒に散歩にいってもお互い我関せず。で、普通、牡って、ほかの牡犬がマーキングするとその上から上書きマーキングしようとするんですが、この2頭はしないんですよね。匂いを嗅ぎにいっても上書きはしない。

同じ群れだから、「お前がマーキングしたなら俺はもういいや」と思うのか? 同じ餌だから匂いも似ていて「自分のにおい」と思うのか?(でもこの2頭の尿とか糞のにおい、結構違う。同じもの食べてるのに)←嗅いでます、はい。

どちらかならともかく、双方が上書きしなくなったのを見てへえーと思ったのでした。何かご存じの方がいたら教えてください。

あと、もうひとつ余談で。

大師匠から「日本犬にはいい餌やるな!」ってずっと言われてて、安い餌で、でも原材料がおかしくないのをいろいろ見てるんです。ホームセンターでよく見かけるのに「すきやき味」っていうのあるんですけど、それ使ってる犬舎さんもいらっしゃるので、この前かってみました。でも、安いのでどんなものかと思って食べてみました。

すきやき味じゃないです。ドライトマトみたいな味。

なんでこれをすきやき味と……?

安い餌で、比較的原材料がおかしくないのは今のところは「愛犬貴族」「ビタワン」でしょうか。でも安いということは原材料のグレードが低いと思うので、そればっかりはよくないように思ってしまう。

基本、うちはセレクトバランスなのですが、比較的何を食べてもおいしく食べる牡たちにちょっとずついろんな餌を試してもらっています。そして自分ももれなく食べる。(マネしないでください)

ドッグフードによく「酸化防止剤」が入っていますが、ものによって発がん物質があるそうです。が、犬の寿命の間食べ続けても問題がない量と決められているそうです。いまはペットフード法もかなり整備されたのでそうそうおかしなものはないと思いますが……。人間は犬より寿命が長いので、食べ続けるのはおすすめしません。しないか?
ローズマリー抽出エキスとか、天然由来のものを使ってるのを探すとよいです。

また長くなってしまいました。

本年もよろしくお願い致します。

2022年もよろしくお願い致します。” に対して3件のコメントがあります。

  1. 愛々天の主 より:

    こんにちは!
    いつもありがたくサイトを拝見しています。
    上の子のフードで私は結構苦労しまして…
    色々試した結果、お師匠さまたちがのたまう「良いフード」の「良い」とは即ち脂肪分の高さの事だとの、勝手な解釈に至りました。
    国産のお安いフードって、大体脂肪分が10%前後なんですが、それに比べて海外産のお高いフードは25%を超えるものも。
    という事で脂肪分10%程度のフードにしたら、やっと落ち着いてくれました。
    ベースにお使いとのセレクトバランスも脂肪分は13%!ぜひ試してみたいな〜と思いました。
    いつも良い情報をありがとうございます。
    こちらにはコメント入れないよう気持ちを抑えていたのですが、フードの話が出たので、思わずコメントしてしまいました…スミマセン。

    1. 天総犬舎 より:

      こんばんは^^ こちらでもありがとうございます。
      愛々ちゃんはフードで苦労されていたんですね。犬ってじつは結構偏食ありますよね~。
      「良いフード」即ち脂肪分の高さというのは合っていると思います。
      日本犬は特に、あまり高カロリー・高脂肪のものは好まないような気がします。
      あと、海外輸入のものは脂が酸化してることもあえりえる…とも思います。
      そういうのも気になってフードを変える時は食べてみてるんですが、輸入品であってもセレクトバランスは比較的、味に変な感じはしないし胸やけもしないかなあと…人はですが;
      そしてそのセレクトバランスも、比較的脂肪は低いのですが、メイン原材料が肉なので、やっぱり安いドッグフードに比べるとカロリーは高いのですよね…
      やすいやつのなかで、愛犬貴族チキンプレーンはめちゃくちゃ素朴な味です。
      草を食べるのがしょっちゅう、という場合は胸やけしてるのかもな?と思って、それで餌を少し減らして米ぬかバーだったりもしたんですよ^^
      日々試行錯誤ですが、また何か気付いたことや、先人たちから知恵をもらったら紹介します。
      コメントありがとうございました!

      1. 愛々天の主 より:

        なるほど!!メインの食材が肉だとカロリーもですが、高タンパクにもなりますよね?ドッグフードは今やグレインフリーがトレンドですが、国産のお安いフードは穀物が主材料ですもんね!その辺に鍵がありそう。
        副産物を全否定する訳ではないですが、それでもミールが主ではないもの、とうもろこしや大豆は遺伝子組み換えである可能性が高いので避けて…としてたらグレインフリーになりました。
        愛々姫は偏食ではなくて(むしろ食べないことがない)、フードを少し増やすとお腹が緩くなるのです。だから、フードには脂肪分の低いグレインフリーのものを選び、米、玄米と野菜を煮たものを加えて与えています。それで落ち着いてはいるものの「グレインフリーのフード与えながら、米炊いて食べさしてるって矛盾してるなぁ…」と密かなジレンマがあったのです。でも国産のフードの主原料が穀物で、それが日本犬に合ってるのなら、このやり方も間違いではない気がしてきました。
        犬舎主さまおすすめのエビオスや米糠バーもぜひ試してみたいと思います。
        ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です