千代鶴、出産準備

まだ少し予定日にはある(といっても予測日まであと5日)千代鶴ですが、今日が結構強い雨予報だったため、昨日の夜から家の中に入れています。

まだ暑すぎることもなく、外で出産してもらおうと思っていたのですが、梅雨に入るし蚊も出てきているし、隣にほかの牝(露虎)がいるしで落ち着かないかなあと、結局また寝室に産箱セットを用意しました。過保護です。結局、自分が出産に立ち会いたいだけなんですけどね。

前回の下敷きはブルーシート・クッションタイルだったのですが、仔犬やちよのおしっこが畳に貫通したので(--)今回はルーフィング(屋根用防水シート)を敷いてからペットシーツ・クッションタイル・さらにペットシーツ。

半年前もここで出産したのですぐ思い出したのか? 特別扱いっぽいのがうれしいのか? ご満悦に見えるちよりん。

くつろぎすぎや。

ところで、昨晩の夜、床をガリガリとひっかく営巣行動らしきものがありました。予定日にはまだあるけどなあ、と思っていたら今朝の散歩では嘔吐も……。あれ?と思い、体温を計ったところ、37.9℃。平熱より0.4℃ほどですが、低くなっています。

前回は体温下降が始まってから3日目に生まれたので、少しだけ予定より早く生まれるのかもしれません。ちよりんは胎盤の切り方も子育てもじょうずでしたが、一応フォローできる準備を整えて様子を見ます。

あとはビニール手袋とタオルと湯桶と糸・はさみ・体重計などを設置します。過保護。

また経過ご報告します。まずは母体も仔犬も無事に生まれますように。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

凜、生後約5か月