そろそろ畑を……。

移転してからすぐに小さな畑を借りて開墾しています。晩秋の頃に、春に取れるソラマメや菜の花、玉ねぎなどを植えておいたのですが、霜と水鳥の襲来で今は見るも無残な状態に……。

ご近所さんには引っ越してきてからというもの大変よくして頂いていて、畑をやっているのも皆さんご存じ。「大根、そろそろ間引くといいよ」「わけぎの苗が余ってるからあげるよ」などと何かにつけて気にかけてくれています。
また、地主さんも大変いい方で、「お試しだから暫く賃料はいいよ」と、今のところ無料で土地を貸してくれています。

だからこそ今の無残な状態でいるのはちょっと恥ずかしく申し訳ないです。
最近は、何人かの方に「畑やめちゃったの?」と聞かれることもあり、「いえ、水鳥が去ったらまたやります」と答えている状況。。。

春の早い房総は、ここ数日で明け方の匂いが少し春めいてきています。
そろそろ腰を上げて、水鳥に食われた野菜を引き抜き、霜でガチガチになった土を耕して、もう一度土づくりからしなくてはいけません。

畑のシーズンで花形といえばやはり夏野菜で、それを植える春はかなりワクワクする季節です。
いずれ、犬舎にいらした方に自家製野菜を配れるくらいになれたらいいなと思います。

まだまだ下手くそですが、頑張ります。

ありし日の畑
オオバンという鳥に食われた菜花。この辺りからやる気が減退しました(泣)

次の記事

事八日。