仔犬が生まれました(夜雲×千代鶴)

1月12日の明け方、ちよが元気な仔犬を2匹生みました。牡1、牝1です。
生まれたてはどちらも真っ黒ですが、比べると牡の方が黒が深く、恐らく牝は中虎になるのではないかと思います。
後から生まれた牝の方が50gほど大きいですが、どちらも初乳をしっかり飲んでおなかをぽんぽんにしていたので一安心です。
仔犬が産道を通ることによって出る初乳は出産後48時間だけ出るもので、母親からの移行抗体が含まれています。
この初乳を飲めるかどうかでその仔犬の健康状態、将来の免疫力が大きく変わります。

じつは牡の方は生まれてすぐにしばらく産箱の床の上に転がっていてお乳にいきつけていなかったので補助しましたが、頑として口を開けずに焦りました。
そうこうしている間に2匹目が生まれ、2匹目がじょうずにお乳に吸い付き始めるとようやく牡も吸うようになりました。

出産時の体重は牡が297g、牝が350g、なかなかの健康優良児です。2頭しかいないのでお腹の中でのびのび育った模様。今回の組み合わせはいずれも外へ出すつもりです。

里親募集を開始するときは「交配・仔犬情報」でご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

先生とのメール

次の記事

犬も一夫一婦制?